*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私見。
帰国のほぼ1週間前に起こった東日本大震災。
多くの尊い命が奪われ、いまなお被災された方、援助に行かれた方、原発問題の処理に向かわれた方がギリギリの1秒1秒を送られていること、本当に本当に心が痛みます。どう言葉で表現したらいいのかわからないのですが。

また、震災により身体的に、精神的に辛い、悲しい、痛い思いをされている方々が1秒でも早くその痛みから解放されるよう、お祈りしています。

私自身は帰国直前に震災を海外から知り、2年ぶりに帰るニッポンに起こっている事が信じられない、受け入れられない、受け入れたくないという情けない心境でしたが、帰ってきてその現状をメディアを通じて知り、情報収集から始めるような段階です。
いま私にできることはお金しかないなあと思っていますが、需要と供給が一致するような「もの」や「こと」があれば喜んでお送りし、自身も出かけたいなあと思っています。


さて、ここからは私自身が協力隊員だった経験からいまなお海外で活動する隊員に向けたメッセージです。
私はニュースや新聞をほとんど理解しないダメ人間で、かつ帰国直後ということもあり、大いにズレている可能性がありますが、あえて書かせていただこうと思います。


被災された方とそうでない私のようなものには同じ日本国内であれど大きなギャップがあり、海外にいるのと日本にいるのとでは同じニッポンジンとしてもズレが生じると感じています。

帰国直後の私がメディアから認識するのは、毎日毎日、新聞1面に載る原発処理の問題。真ん中のあたりに1面すべてに載る亡くなられた方のお名前。そして「進まぬ復興」、「原発処理難航」といった内容の記事。

そんな中、目に付いたのが2011年4月1日付けの朝日新聞、天声人語。
http://www.asahi.com/paper/column20110401.html

同じ国内で多くの方が被災され、大切な大切なものを失われた方もいらっしゃるからいろいろとお祝い事や派手な事は控えましょうというお気持ち、悼む心は本当に大切だと思います。
でもこんなときだからこそ、悼む気持ちを持ちながら、多少気持ちに無理をして、ささやかでもかまわないからお祝い事は欠かさず、目の前の人やご自分自身をも大切にしてほしいと思います。
それがご結婚であったり、新入社員であったり、自分へのご褒美であったり。

別に阿呆のようにキャイキャイ騒ぐ飲み会を推進するわけではありません。
ただ、その方々にとっては震災の前から大事に温めてきたご結婚の計画であったり、社会人としての始まりであったり、仕事を健全に続けていくためのスパイスだったりするので。
明日のことは誰にも分からず、天災、人災、その他もろもろで今日が最後の日となることもあるでしょう。だからこそ、被災された方も、目の前にいる方も、そしてご自分自身をも大切にしてほしいと思います。


協力隊のみなさん、外国からではリアルさは伝わらず、また、「日本が大変なこんなときに海外支援もあるか!」という風評を耳にされ、戸惑うこともあるかも知れません。でもみなさんが「いまニッポンのために何かしたい!」と切実に思ったとしても、きっと任期を全うすることを求められることとと思います。

だから、いち納税者として、いち国民として、いちOGとして、みなさんにはニッポンの風評に縮こまることなく活動を続けて欲しいと思います。海外からの冷静な視点で、電力のある環境だからこそ震災の情報をアップし続けている隊員もいて本当にえらいと思う。この情報をより多く、本当に必要な人に届けていくにはどうしたらいいのかなあと考えているんだけど。
そして目の前にいる外国の人、というか国籍関係なく目の前の人々を大切にすること、そして任期を全うし、元気にその身体で帰国してくれることを望みます。個人的に。

帰国直後に直接の知り合いではないけれど、協力隊員が亡くなられたことを知りました。そんなことがあるとは思ってなかったから、びっくりした。本当に辛いよね。国内にいても海外にいても何があるかやっぱりわかりません。だから最後の最後まで健康、安全に気を抜かず、仕事は全力を尽くし、元気に帰って来てくださいね。みんな待ってますよ。


私自身は目の前にいる人や自分の生活を大切にし、自身の健全さを保つ努力をすること(もし何らかのお手伝いができるる時が来たら、体力と健全な精神が一番だからね。)、確実なルート確保ができている団体へ支援のお金をお渡しすること、経済が落ち込まぬようお金を遣うように努力すること、そして長期的に震災の復興へ関心を持つこと。これを個人的に実行していこうと思います。

まったくもってまとまりのない文章ごめんなさい。今まで書いた100個くらいの記事の中で最もまとまりがないのは自覚しています。

最後に、言葉は慎重に選んだつもりですが、この記事により不快な思いをされる方がいらっしゃったら本当に申し訳なく思います。申し訳ございません。
スポンサーサイト
帰国しました
P3200794.jpg
3月20日に同僚に見送られエクアドルを出発し、22日に無事帰国しました。
一週間ほどのトーキョー滞在を経て、今は両親の住む福岡県にいます。
報告が遅れて申し訳ありません。


震災や雨、予想外の寒さでトーキョーはどんよりしているよう私の目には映り、満員電車に詰め込まれ、吐き出される黒コートとマスクの人々がモモ(ミヒャエル・エンデ作)に出てくる「灰色の男たち」に見えたことが強烈に印象に残っています。

帰国早々こだわりのブラックベリーという携帯電話を買い、気持ちは大満足ですが使いこなすことができず、「帰国しました!」のご連絡をなかなかできずにいます。ごめんなさい。

P3230820.jpg
念願の白いたい焼きを食べ、「帰国するなりしたいこと」も着々とこなしているにも関わらず、知り合いのいないここ福岡では両親がいるにも関わらず、途方に暮れるほどのさびしさを感じて廃人のようです。
なんちって。寒いのできっと気持ちが上がらないだけです。


2年前にお守り代わりに友達からもらった首飾りは、帰国後2日目に役目を終えたのか革ひもが切れました。
何度も紛失未遂に遭い、その度に必ず戻ってきたこのお守り。
P3300827.jpg

P3300828.jpg
その他、たくさんの方からいただいたお守りたち、とハシモトのために購入しようとしてくださったお気持ち。
おかげさまで大きな怪我も病気もすることなく、この身体のまま帰国することができました。


日本で心配して下さっていた方々、エクアドルで私と出逢い支えて下さった方々。本当に本当にみなさんには感謝しています。ありがとうございました!ミソジ、無職、独身のフリーダム万歳なワタクシですので、エクアドルからの荷物が着くのを待ち、お礼周りに出かけたいと思います。


なおこのブログですが、トリップアドバイザーさんがオススメブログに認定してくださったそうなので、これからはエクアドルへ旅行される方々への情報提供とこのブログをきっかけに少しでも多くの方がエクアドルに興味を持っていただけるような内容で更新をしていきたいと思います。更新が滞りがちですが、気持ちはそう思っています。。。

取り急ぎ、帰りましたのご報告。
本当にありがとうございました!

元青年海外協力隊 20年度4次隊 橋本沙織 (エクアドル・ソーシャルワーカー) 
クーデター未遂 その後。
本日10月1日、昼ごろ自宅待機が解かれ、普段どおりの生活に戻れそうです。
飛行機もキト空港に出入りしています。

ご報告まで。

元気で安全です。
日本のニュースでもちょっと流れたみたいですが、9月30日の午前中より、エクアドルでは警察官が賃金削減(?)を謳った新法に反対しデモを行っています。
国際空港が閉鎖されたり、大統領が軟禁されたり、警察官が職務を放棄し道路の真ん中でタイヤを燃やしてストライキを行ったり。国際線はどこに降りるのでしょう?今日エクアドルに着く予定だった方が心配。
日本からの大切なお嬢さんたちが帰った後でよかった、と感謝。

ニッポンでどんな風に放送されているのかわからないけど、私は自宅に待機し、必需品である牛乳も買い込み、身の安全を確保できておりますのでどうぞご心配なく。
取り急ぎご報告まで。
いやぁ、嬉しいですねー。
書きたいことやネタはいーっぱいあるのに、最近なんだか時間が過ぎるのが早くって。
そこで、今日は最も短時間で書けそうなこちらの出来事。
頭洗って、いち早く就寝せねばなりませんからね。オバチャンだからね。


来エクアドル1年経過したこともあって、最近健康診断のために帰国されるシニアボランティアさんが大勢いらっしゃる。そこで、ここぞとばかりに航空小包では送れないものをお願いしてみた。

何が欲しいか考えてみたら、いーっぱいいーっぱいあったけど強烈だったのが焼きそばパン。
ザ・炭水化物×炭水化物。
なんでしょうね、あの魅力。
そして、メロンクリームが縦ライン2本のダブルメロン。
こんな迷惑極まりない注文をしてしまいました。

出発前、空港のコンビニというおそろしく品薄な環境で私の希望をかなえるべく、一生懸命探して下さってお土産のオンパレード。
P4123633.jpg
予想外に納豆まで!

日本の菓子パンってなんでこんなに美味しいんでしょうね。
「菓子」パンというジャンルに恥じぬ、いや菓子と呼ぶにはもったいないスイーツぶり!
クリームパンってこんなに美味しいものだったのか、と涙を流しながら食べました。


続いて、今日職場に行ったら大量のビラが届いていた。
P4273876.jpg
クリニック案内、宣伝のパンフレットをいつの間にやら作っていたらしい。

そこに、私の名前も!
ソーシャルワーク担当で。
P4273877.jpg
なんか、居場所があるようで嬉しいね。
ありがとう。


http://www.youtube.com/watch?v=YRG0YELWFYU
たまにはアラビアン・ポップスを。
プロフィール

84(はっしー)

Author:84(はっしー)
南米エクアドルに青年海外協力隊として2年間滞在。2011年3月22日に日本に戻り、現在は逆カルチャーショックに打ちのめされる日々。

趣味はエジプト。
好きな食べ物はカレーと鮭のおにぎり、そしてキューピーコーワゴールドアルファ。

どうぞよろしくねー!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
これからはエクアドルの観光情報を!
エクアドルの旅行情報
エクアドルの旅行情報
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。