*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国後 5年経過。
2016年3月末で、青年海外協力隊を終えて5年になりました。

このブログを始めた理由のひとつに、これから協力隊を目指す方にとっての参考に、(踏み台に)、なりたいという思いがあったのでここに私の経過を記したいと思います。

(序)
帰国前、今後の活動として関心を抱いていたことは日本国内での外国の方の医療支援でした。
自身が「外国人」として過ごしたエクアドルでの2年間はJICAという後ろ盾のある、しがないボランティアであってもしんどいことが多々ありました。よって日本国内で何の後ろ盾もなく働いておられる外国の方々はさぞやしんどいであろうと思ったのです。心身に負担をかけながら生活するとついてまわるのが病気やけが。初診時の一番不安な時から退院後までしっかり関わり、医療保険や医療費、家族との連絡、病状や服薬、今後の生活について患者さんが不安を残すことないよう関わっていくような仕事がしたいと思いました。

(帰国後 1年目)
帰国後しばらくは生活環境の変化にとまどい廃人のような生活でしたが、外国の方の医療支援にスペイン語だけでは不十分、英語が必要!と考えていたので貴重な無職期間を利用してアメリカの語学学校に半年留学しました。帰国後6ヶ月のことでした。

選んだ先は中南米から移り住んだ方の多い地域で、英語もスペイン語も同時に学ぶことを狙ったのですが、結論として英語力は伸びませんでした。語学学校以外で接触する方々はスペイン語圏の方が多く、ついついスペイン語で済ませてしまったことが敗因です。
学校が始まってはじめの3か月は英語とスペイン語がごちゃまぜのスパングリッシュ。3ヶ月経ってようやく英語とスペイン語がスイッチできるようになりました。半年終える頃にはCEFR B2。

(帰国後 2年目)
留学を終えて帰国したのは3月末。新年度開始ギリギリにソーシャルワーカーの募集をかけているような病院はなかったので悶々と就職先を探し、6月末より公立の総合病院で働かせてもらえることとなりました。
精神科のソーシャルワーカーとしての経験しかなかったため、30歳を超えて一般科のことを覚えて行くのは大変でしたがいい経験になりました。

(帰国後 3年目)
やはり外国の方の支援がしたい、精神科も懐かしいと思っていたところ、その両方に携われる可能性があり、かつソーシャルワーカーとして働くには憧れの病院で働かせてもらえることになりました。
数件ではありますが外国の方の医療相談も持つことができた上、精神科にも携われました。何よりも力のある優秀なソーシャルワーカーが多く、ついていくのが必死ではあったけど非常に充実した時間でした。

(帰国後 4年目)
私を嫁にもらってくれる稀有な人類と出逢ったため、断腸の思いで寿退職。団地妻とは名ばかりのニート生活をほぼ1年も送ってしまいました。

(帰国後 5年目)
夫が転勤族であり転勤の可能性が高かったため、長期に患者さんを担当するような仕事は選択肢に入れられず、その日その日で終われるお仕事に非常勤として入ることになりました。今までの職とはジャンルの違う公共施設。頑張りました。

(帰国後 6年目 現在)
上記仕事を継続中。
いつかはソーシャルワーカーとして、日本に住む外国の方の支援や精神保健福祉分野に戻りたいなあと思いながら、日々を送っています。

以上、私の青年海外協力隊終了後、5年の歩みです。
スポンサーサイト

テーマ : 最近のあれこれ
ジャンル : ブログ

プロフィール

84(はっしー)

Author:84(はっしー)
南米エクアドルに青年海外協力隊として2年間滞在。2011年3月22日に日本に戻り、現在は逆カルチャーショックに打ちのめされる日々。

趣味はエジプト。
好きな食べ物はカレーと鮭のおにぎり、そしてキューピーコーワゴールドアルファ。

どうぞよろしくねー!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
これからはエクアドルの観光情報を!
エクアドルの旅行情報
エクアドルの旅行情報
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。