*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センチメンタル
またこの時期がきた。
あと数時間ほどで2年間の任期を終えられた20年度1次隊と呼ばれる方々が日本に帰られる。
ちなみに私は20年度4次隊。あと2回で私の番。


この20年度1次隊の方々とは何やかんやでご一緒させていただく時間が多かった。
彼らが任期3ヶ月を切った頃から、あたかも私まで20年度1次隊であるかの如く、
同じくらいのがんばりでエクアドル国内を旅したり、お土産を買い漁ったりもした。
残り任期が9ヶ月もある私にとっては、いま思えば勘違いも甚だしいがんばりっぷりである。


今回帰国されるみなさんとは、何らかの形で最低でも1回は旅行に同行させてもらったことがあるので、
帰国されるのはすごく寂しい。

ともすれば家に引きこもりがちな私を外へ外へ連れ出してくれた方。

ボリビアへ一緒に行き、たった5日間の弾丸ツアー実行という、旅への無限の可能性を身をもって示してくださった方。

初対面はエクアドルでありながら高校の1個上の先輩であることが判明した方。たぶん私の兄を知っている。

一緒に行ったバナナ農園でみごとなバナナの食べっぷりを見せてくださった方。


いつも思うことなんだけど、
協力隊に参加し、異国の地で自己への金銭的利益と無関係な状況でソーシャルワーカーという仕事をさせてもらっていることはすごく貴重な経験だと思う。
でもそれ以上に、この青年海外協力隊という事業に、このタイミングで参加したことで出逢えた方々。何にも代えがたい財産。少しでもタイミングがずれればすれ違うことすらなかった人々。
協力隊に参加してよかった。心からそう思える存在に出逢うことができた私は本当にラッキーです。


GetAttachment[1]


sinnenkai.jpg


P6195072.jpg


明日は久々に空港にお見送りに行かない。
でもそれでよかった。今も書きながら号泣。なんだか最近涙もろくってねー。
最近、ここ数年なかったくらい悲しい出来事(と言っても、うちの老犬がなくなっただけなのでご心配なく。)に遭遇し、いささか感傷的な私。


だからその分、自宅の屋上から私の持っているライトの中で最強の光を放つ登山用ライトでお見送りの信号を送りますよ。
P6195076.jpg


みなさん本当にありがとうございました!
お気をつけてお帰りくださいね。



http://www.youtube.com/watch?v=EfxdMXoy5WU
またスペイン語訳!?
これは日本でみても字幕がつくのでしょうか?
スポンサーサイト
出逢いと別れ
協力隊は1年4次隊編成なので、3ヶ月に1度は誰かが帰り、誰かがやってくる。
もちろん隊次によっては0のこともある。

今日それから、22日には4月頭から前の職場に戻る「現職参加」という形で活動されていた方と、
19年4次隊(私が20年4次隊なのでちょうど1年先輩にあたる方々)が帰国される。

エクアドル内もいろいろな場所にボランティアがいるので、そんなしょっちゅうお会いするわけではないけど、
今回帰られる方々は少ない接点ながらお世話になった人が多いので、少し寂しい。

でも帰る方々がいるということは、時間は確実に経過しているということなので、
あと(たった)3回出逢いと別れを繰り返せば、私が帰国する順番が回ってくる。
そう思うと2年ってなんだか早いものだなあと思う。

「1年経ってから時間が過ぎるのは早いよー。」というのが先輩方のお話。
上手に流されながら、それでいて流されすぎないように過ごしていきたいものです。

P3193045.jpg
みなさん、2年間本当にお疲れさまでした!
「婚活、がんばれー!」



http://www.youtube.com/watch?v=4ZlVD39LhvU
懐かしいー!就職した年に流行ってました。
ナゼかスペイン語訳付き(笑)
ばっちこ~い
PICT0388_convert_20090322201757.jpg

明日出発します
帰国は2011年の3月22日の予定。

ここまで来れて、ありがとう
行ってきます!
10年前
協力隊参加にあたり、出身地浜松市に表敬訪問なるものに行った。
ついでに母校が近かったことを思い出し、10年ぶりに訪れる。

gakkou.jpg

gakkou2.jpg

pu-ru


ちょうど10年前のこの季節に私はこの高校を卒業した。
片道40分かけてチャリンコをこぎ、授業中は部活と帰路の体力を養うべく睡眠。
帰宅後は翌日の往路のために睡眠。
あっという間の3年間。

まさか10年後の自分がエクアドルに行くなんて想像だにしなかった。
1日1日が全てだった。

そんな感傷に浸る1日だった。
プロフィール

84(はっしー)

Author:84(はっしー)
南米エクアドルに青年海外協力隊として2年間滞在。2011年3月22日に日本に戻り、現在は逆カルチャーショックに打ちのめされる日々。

趣味はエジプト。
好きな食べ物はカレーと鮭のおにぎり、そしてキューピーコーワゴールドアルファ。

どうぞよろしくねー!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
これからはエクアドルの観光情報を!
エクアドルの旅行情報
エクアドルの旅行情報
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。