*All archives* |  *Admin*

2010/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【帰国するなりしたい10のこと。】
2010年3月23日で、エクアドルに来てまるまる1年経過したことになる。
2011年3月22日は日本に帰っている予定なので、もうほとんど終了したも同然。

という訳で、帰国するなりしたいことを、断腸の想いで10個にまで絞ってみました。
ちなみに、ここでいう「帰国するなり」とは帰国して1週間以内の切実なものを指します。
帰国して1ヶ月、3ヶ月と長期的にみればやりたいことは山ほどあるので、これはまた次回。



・肺活量をはかり、出発前にとったデータと比較。

・細かいニュアンスがきっと伝わるであろう日本で散髪に行きたい。
 できればお友達であり、美容師でもあるマコちゃんに切ってもらいたい。

・沖縄料理屋さんに同期隊員さっちんと行き、喜びをかみしめる。
 沖縄そば、海ぶどう、もずく、ゴーヤーチャンプルー等。

・バスタブにお湯をなみなみと張り、にごり湯系の入浴剤を入れてゆっくり浸かりたい。
 さらには超高品質の日本のシャンプーで3回ほど頭を洗いたい。

・コンビニで豪遊。
 おにぎり(鮭の切り身、高菜、シーチキン)、ペットボトルの風味豊かなお茶を大人買い。お腹タプタプ。

・清潔な服と下着を買いたい。
 だからと言って、今の私がこの上なく不潔な訳ではないですよ。ジョシですから、念のため。

・寝込みを虫に襲われる心配なく、畳の上でゴロゴロ眠りたい。
 短パン&ランニングの限りない薄着で!もちろん虫よけもシュッシュせずに。

・溺愛するアンリシャルパンティエ(洋菓子店)であえてのウィンドウショッピング。
 贅沢は日本の敵です。

・乱視用コンタクトレンズに作り変えたい。
 エクアドルに来てから視力の低下が著しく、今はほとんどピンボケの生活。

・デスニーシーに行きたい。
 ついでにそこで桜をみたい。

以上。ちょっと贅沢なことを書きすぎました。


P3173016.jpg
あー、やっぱり温かいお風呂に浸かりたい。

P3173015.jpg




http://www.youtube.com/watch?v=o3FH8KETpDM&feature=related
あと残りちょっと。
健康で楽しくやりましょう、世界に散らばる同期のみなさん!
スポンサーサイト
出逢いと別れ
協力隊は1年4次隊編成なので、3ヶ月に1度は誰かが帰り、誰かがやってくる。
もちろん隊次によっては0のこともある。

今日それから、22日には4月頭から前の職場に戻る「現職参加」という形で活動されていた方と、
19年4次隊(私が20年4次隊なのでちょうど1年先輩にあたる方々)が帰国される。

エクアドル内もいろいろな場所にボランティアがいるので、そんなしょっちゅうお会いするわけではないけど、
今回帰られる方々は少ない接点ながらお世話になった人が多いので、少し寂しい。

でも帰る方々がいるということは、時間は確実に経過しているということなので、
あと(たった)3回出逢いと別れを繰り返せば、私が帰国する順番が回ってくる。
そう思うと2年ってなんだか早いものだなあと思う。

「1年経ってから時間が過ぎるのは早いよー。」というのが先輩方のお話。
上手に流されながら、それでいて流されすぎないように過ごしていきたいものです。

P3193045.jpg
みなさん、2年間本当にお疲れさまでした!
「婚活、がんばれー!」



http://www.youtube.com/watch?v=4ZlVD39LhvU
懐かしいー!就職した年に流行ってました。
ナゼかスペイン語訳付き(笑)
異国からの贈り物
ちょうど1年前は青年海外協力隊に行くため、駒ヶ根訓練所というところで
人生で最も温かい越冬をしていたのですが、
そのときに唯一無二の同職種だったソーシャルワーカー隊員ぴろりんが
スリランカより本場スリランカカレーを送ってくれました。

ちなみにぴろりんとはソーシャルワーカーの相談業務経験を生かし、
駒ヶ根恋愛相談所をほそぼそと営んでおりましたが
その営業は完全クチコミであり、当の本人たちから全くもって広がりを見せないクチコミであったため、来客は皆無。
よって2人で相談者、来客者をかわりばんこに行うというまったくもって不毛な副業でありました。



P2062951.jpg
どこをどう旅したらこんなことになってしまうのか?ヨレヨレの袋。


P2062952.jpg
中身はどっさり。大好きなタイカレーも入っている。
!?
タイランド!?


P3052934.jpg
スパイスがいっぱい。
異国の香り。


P3052933.jpg
説明書に従い山ほど生姜を入れたのだが、生姜がカレーの味を殺さずむしろ引き立てているのが素晴らしい。
まさにミラクルです。(カレー部 模範解答)


こんな貴重なカレーを一人でたいらげてしまうことにいささか罪悪感を感じていたので、
ちょうど遊びに来てくれていた同じくエクアドル唯一無二のソーシャルワーカー隊員といただきました。
スリランカとエクアドルのソーシャルワーカーのカレーを媒介とした国際交流。

ありがとう、ぴろりん。


http://www.youtube.com/watch?v=0qB0KOI1ALU
カルトQ ~Ver.アナタハドレクライエクアドルヲアイシテイマスカ?~
さて、問題です。
これは何でしょう?

P3112941.jpg


「バナナ!」と答えたアナタ。残念!

正解は「オリート」
生でも食べられる。
日本のモンキーバナナのようだが、皮が薄くすこーしシャリシャリした食感。
あとはチャーハン的なものに添えたり、マカロニやフィットチーネ的なもののスープと一緒に食べたり、
まだ熟していないものを輪切りにして揚げ、ポテトチップのようなもの(チフレと呼ばれる塩味のチップス)にして食べたり。



続いて第2問。
これは何でしょう?
P3112942.jpg
正解は「マケーニョ」
生で食べても良し。前述のチフレにしても良し。バナナケーキなどのスウィーツにしても良し。
後は縦長に切って油で揚げて、ゴハンに添えたり。



第3問。
これは何でしょう?
P3112943.jpg
正解は「ドミニコ」または「ドミニカ」
生では食べられず、主に調理をして食べる。
団子にしてスープに入れたり、エンパナーダと呼ばれる揚げパンのようなものに入れたり。
またマハドと呼ばれる、そぼろ状にして食べたりもする。



第4問。
これは何でしょう?
P3112944.jpg
正解は「バラガネッテ」
同じく生では食べられず、揚げてゴハンの横に添えたり、スウィーツに用いたり、
揚げ団子にしたり。



最終問題。逆転のチャンスあり!
これは何でしょう?
P3112945.jpg
正解は「ギネオ」もしくは「セダ」
日本で食されているバナナは主にこれだと思っていただいて良いです。
生で食べても良し。熟さないものをチフレにしても良し。
サンコチョ(キャッサバ、トウモロコシ、バナナが必ず入ったスープ)に入れても良し。


「全部バナナじゃねーかー!」というアナタ。
まあ、それもありでしょう。
でも、エクアドル歴おおよそ1年、違いがわかる人になってきた私にとってはそんなの素人意見ですよ。ぷぷっー。



P3112946.jpg
以上、問題の提供は毎週木曜に職場横に営業にくる、野菜の移動販売さんからでした。



「喰」ついでにもうひとつ。
鶏屋で鶏を食べると必ず入ってくるこの足。
P3032947.jpg
はじめは怖かったけど、食べてみると意外と美味しい。
根拠はないが、美容に良いと信じている。

もう1軒の鶏屋では足プラス、鶏の頭が丸ごと入ってくる。
これはこの上なく怖いので、同僚に差し上げることにしている。


【エクアドルの素晴らしい点シリーズ その いくつだろ?】
バナナが安くて美味しい!


http://www.youtube.com/watch?v=cVmv9j9hLgo&feature=related
職場までの45分間、バスの中ではこの1曲がエンドレスで流れていた。
Ella era todo(彼女がすべてだった)って。。。
運転手さんー、切ないねー(笑) 


ねえさんたちの会 再び
大変遅くなりましたが、エクアドルにおけるチリ大地震の影響はありませんでした。

さてさて、そんな大地震のことを知ったのは、ねえさん達の会の夕食にて。
ねえさんたちの会には、今回ねえさんが増えてらしてさらにパワーアップ。
主に買い物と買い物と買い物と散策と息抜きがメインのこの会。
若輩者のほぼ30歳ですが、飛び入り参加させていただきました。

1日目は民芸品、革製品ツアー。
エクアドルの証明に、と油性ペンで「Ecuador」と書き込むエクアドル販売人もいる。人々の逞しさを感じます。


買ったそばから戦利品の品評会をなさるねえさんたち。
P2272950.jpg
ねえさんたちの装備はバックパック!
もちろん戦利品を滞りなく運べるように。


夜はねえさんの美味しい手料理。
P2272949.jpg



P2272948.jpg
手作りサングリアで乾杯!


食後も戦利品の覇業交換。
互いを認め合い、たたえあう姿はさすが!


P2272947.jpg
ねえさんのゲットした毛布にはリャマが8匹。
これには私もびっくり。



2日目は今回の目玉、刺繍の街スレタ(zuleta)へ。


P2282946.jpg
行きはラッキーにも警察のトラックが途中まで運んでくれた。


P2282945.jpg

P2282942.jpg
途中で降ろされたので、綺麗な山や景色をを観ながらハイキング。


P2282943.jpg
ねえさんたちとわたし。


P2282944.jpg
危険を冒して写真を撮る、ねえさんの中のねえさん。


P2282935.jpg
スレタの町の入り口にはエクアドルには珍しい分別のゴミ箱。
でも悲しいかな、ここ1つだけ。


P2282937.jpg
かわゆい街で、家までもかわゆい。


P2282941.jpg
刺繍製品の店がまえはこちら。
かわゆい。

P2282939.jpg
ブラウスにハンケチ。

P2282940.jpg
色とりどりの刺繍製品。
ちょっとお高め。

P2282938.jpg
こちらは工房。
ちょっとかわゆすぎやしませんか?と思うほどにかわゆい。

P2282936.jpg
毎月第2、4の週末には街の入り口にあるこの広場で刺繍製品の市が開かれる。
以上、ジョシにはたまらん観光地のレポートでした。



http://www.youtube.com/watch?v=5XqAF07DHoQ
祖国はもう春爛漫なんですって!?
まっ!
プロフィール

84(はっしー)

Author:84(はっしー)
南米エクアドルに青年海外協力隊として2年間滞在。2011年3月22日に日本に戻り、現在は逆カルチャーショックに打ちのめされる日々。

趣味はエジプト。
好きな食べ物はカレーと鮭のおにぎり、そしてキューピーコーワゴールドアルファ。

どうぞよろしくねー!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
これからはエクアドルの観光情報を!
エクアドルの旅行情報
エクアドルの旅行情報
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。